3D計測とは?

インダストリアルデザインをデータ化するメリット

デザインの修正や検討、また承認され作成されたモデルの3Dデータを生成できます。
モックアップ、クレイモデル等のアナログモデルから製作用デジタルデータを作成。
アナログ技術とデジタル技術を融合させる事で、より自然なデザイン化が可能になります。

3D計測・3D測定  ⇒光沢物・黒色物の対策⇒テーブ⇒LEDブルーライト⇒3D計測・測定
atos-00 atos-02 atos-03 atos-04 atos-05

 

3D計測・3D測定データで金型・更新型・修正型の製作に貢献

現物の金型や、修正された金型から金型製作用のデータを生成する事で、予備型や2番型用のデジタルデータを作成。
製品を3D元計測して3D-CADモデリングをすれば、製品の新型・改良型開発に貢献できます。
現物はあるが図面がない、データがないという場合にも活用できます。
形状データを作成すれば製品解析に活用できます
CADデータは現物の製品そのままの形状で表現できます。
データ精度は50ミクロン前後・出力形式は汎用度の高いIGES・Parasolidなどです。
用途として、成形品と元データとの形状誤差の確認、解析、開発、研究などにご利用頂けます。

3D計測・3D測定 ⇒ ポイントデータ ⇒ ポリゴンメッシュ ⇒ 特徴線抽出 ⇒ CADモデリング
125x90-3dkeisoku 110x60-point 110x60-polygon 110x60-wire-frame-model 125x90-modeling

 

光学式のプロセスについて

非接触光学式とは?

2台のCCDカメラユニットの中間にあるプロジェクションユニットから、
異なるパターンの縞模様を投影して、精度20μ~50μの高解像度CCDカメラで形状を採集します。

測定された計測データをCADデータに生成

複数の方向から計測採集されたポイントデータの点群を合成して3D化。
ノイズを最小化してデータを最適化する事で、三角ポリゴンメッシュ、3Dのポリゴンメッシュに生成します。

CADデータとリバースモデルデータの作成

3D計測・3D測定データから断面データ・特徴形状を抽出

分割曲面をフィッティングして合成生成し、パッチデータからソリッドモデルを生成します。
トリム・アントリムによる滑らかで自然なナーブス曲面を生成。