3D計測事例」カテゴリーアーカイブ

EV電池国内生産強化

本格的なEV普及を見据え主要部品の車載電池の生産体制が強化されています。脱炭素の電動車の要素技術として欠かせない電池。EV電池国内生産、関連企業による投資を促し、国内で安定して生産・調達できる体制を整えるため政府が後押し。

多品種少量生産

ものづくりは多品種少量の加速が予想されています。煩雑で手間のかかる作業が増えることになり、DX化とロボット化の進化が必要になります。AI活用活用と画像認識の向上したロボットと工作機械協調が必要とされています。

 

隕石

数億キロ離れた太陽系の果てから飛んできた隕石、火星と木星の間にある小惑星帯から来ると言われています。貴重な隕石は保存される「かたち」を公開する催しにレプリカを利用があります。

<事例>原物を3Dスキャンして形状をデジタル化

畜電池安定調達

EVの走行距離が伸びる次世代の全固体電池の実用化には時間がかかりそうな状況下、リチュウムイオン電池のシェアが低下している。日本政府は経済安全保障上重要製品と位置付け、大型設備投資への資金支援を強化される。

<事例>EV自動車部品

半導体製造装置部品

半導体が必要なのは自動車・家電製品・産業用機械など半導体がなければ暮らしの質は50年以上前に戻るといわれています。経済安全保障推進法で半導体生産に巨額な投資行われます。

<事例>製造装置部品の3D計測

 

X線CTを利用した3D計測

鋳造製品の内部状況、樹脂製品の内部構造、ゴム製品の内部観察、複雑な内部構造を持つ被検物の3D計測や、内部欠陥検査などの非破壊検査を実現できます。

X線CTで内部形状の3D計測事例

レプリカを3D計測

レプリカについて

レプリカとは製作者自身によって作られた、オリジナル製作物や資料の複製品をいいます。
製作の依頼としては、おもに博物館、資料館などの歴史的な目的の展示用としてつくられます。 続きを読む

先端工具を3D計測

先端工具のリバースエンジニアリング事例

対象物・・・先端工具とは各種製品の製作段階において、削る、磨く、切る、穴をあけるといった、モノを造るのに欠かせない工具
依頼社のデータ利用目的・・・先端工具の現物を3D-CAD化 製品の解析、分析 オリジナルCADデータと比較・製品解析
続きを読む

スクリューを3D計測

スクリューについて

スクリューとは流体の流れと回転とを相互変換する装置で、流体中で回転することで回転軸方向に流体の流れを生みます。
スクリューは押出成形機・射出成形機・工作機械などで使用します
発電所では、水蒸気を大きな羽根車に吹きつけ、羽を回転させ、その回転力でスクリューを回し発電します。

続きを読む

電気機器部品を3D計測

電気機器部品について

現在の電気・電子機器の高性能化には、プラスチックの性能向上に負うところが非常に大きいとされています。
コンピュータ、携帯電話、洗濯機、各種の製造装置、航空機、輸送機、自動機器などには電気・電子機器が活躍しています。
続きを読む