ポリゴンデータ変換」カテゴリーアーカイブ

ポリゴン(STL)データから3dCAD作成

ポリゴンとは

ポリゴンメッシは三角形・四角形・五角形などという多辺形多角形で構成されています。複数の平面に囲まれた立体の多面体で空間に配置される形状を定義する頂点、辺、面の集合になります。ポリゴンメッシュが多い程、細かくなればなるほど滑らかな詳細な描画が可能になり擬似的に曲線・曲面も表現できます。増えるほど詳細な表現が可能になり擬似的に曲線曲面も表現できます。

ポリゴンの多面体の集合体により立体的な曲面を表現でき、3次元コンピュータグラフィックスや3Dプリンター、フィギュア作成 構造や流体の解析などに利用されています。

ポリゴンのデメリット
◆多辺形多角形で構成されているため滑らかな曲線を表現するには多数の多角形が必要になりデータ容量が増大します。◆ポリゴンメッシュの変更や編集が完全にできるソフトウェアがありませ。3Dスキャンなどで完全に採取できない部分はポリゴンの欠落が発生します。◆コンピュータを使用して設計やデザインを行う3DCADとして利用するにはポリゴンメッシュからCADデータに変換が必要になります。CADモデリングすることで、CAMで加工や 3DCAD編集が可能になります。


ポリゴンからCADモデリングのデータサービス

最近では自動変換のソフトウェアが開発されいますが、立体の形状次第ではメッシュデータの欠落が多く発生し、3DCADデータとして使用できないことが多いです。完全な3次元メッシュデータにするには、3次元CADの基本的なモデリング機能でのCADモデリングが必要になります。

ポリゴンデータ  CADモデリング  CADデータ受け渡し形式 IGES X_B STEP 他

①点群データ ②ポリゴンデータ ③特徴線抽出 ④3次元CADモデリング ⑤データサービス

ポリゴンデータからのCADモデリングのデータサービス お問合せ先

 

事例、リゴンからCADモデリング

工業デザインモデル>工業向け3Dプリンターで製作した試作品のSTLデータから3DーCAD作成データサービス、量産用の加工データに利用されました。 クレイモデル>デザイナーのスケッチをもとに原型師が製作した、粘土モデルの3Dスキャンデータのポリゴンメッシュから3d-CAD作成、3dデータ出力。
装飾品ケース>3Dプリンターを使った試作品の化粧品ケース、デザインに合わせて試作したモックアップのSTLデータから3d-CADモデリングデータ作成。 フアン羽根>推進機用のターボファン羽根、軸流型ターボファン、遠心ファン,横流ファン,. 斜流ファン,軸流ファンの羽根車形状デジタルデータ。
自動車部品>都道府県の工業技術総合センターで3dスキャンした自動車部品データの STL ファイル形式から3d-CADモデリング、更新型製作に利用される。

機器のハウジング>組み込む機器において、軸やハウジングの取付け部の寸法や精度確認、軸とハウジングの設計や密封装置、防塵対策等に利用。

鋳造品>最新のテクノロジーが融合した鋳造品、複雑な形状の部品の鋳放し鋳造品に対する公差確認やシェル中子と呼ばれる中子データのデータ取り等利用。

機械部品>スキャナの普及が進みデータ採取は容易ですがモデリングにはノウハウが必要です,スキャンデータからモデリングのデータサービスの利用。

マスコット>立体マスコット、オリジナルマスコットフィギュア、3Dプリンターのポリゴンデータから量産用の射出成形用型の3d-CADモデリング等に利用。

キャラクター>イメージマスコットキャラクター,人物フィギュア,キャラクタ人形,3Dデザイン,3Dプリンターのポリゴンデータのモデリングデータ提供。