3DCADの概要・リバースエンジニアリング

3D計測・3D測定データは、製品解析に利用できます。

実物形状の三次元データを3D計測から作成

ソリッドモデルデータ(中身の詰まった固体で、その物の質量の情報も保持できる)
対象物の体積・重量、重心・断面等の各解析に利用できます。
さらにメッシュ作成がしやすく、高精度で対象物に近い形状を再現できます。

サーフェスモデルデータ(表面のデータを持った面、中は空洞)
計算量の少なさから広く応用が利くため、NC工作機器などへのデータ共有がしやすい。
表面形状の解析に利用でき、製品の形状検査、原図CADデータとの偏差チェックに利用できます。

3D計測データと設計時のCADデータを重ねて形状の違いをカラーマップで表示
colormap-01-180x100 colormap-02-180x100 colormap-03-180x100

 

3D計測・3D測定データは、設計に利用できます。

実物形状の三次元データを3D計測から作成

手作りで作成されたモデル・モックアップモデル・人間による造形モデルなどからのデータ作成。
人間工学の装着品・医療器具・イス・取っ手・ツマミ等のモデル設計データの作成。
自然界の石・岩石・木・植物・昆虫等の形状を自然から取得し設計に利用できる。
図面がない製品の再製作・リバイバル製品のデータ化
以上のような用途に使用でき、設計・開発へデータのフィードバックができます。
アナログモデルを三次元計測して、デジタルデータ化する事で技術の継承性能も広がります。
ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt)
サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他

①ポイントデータ ②ポリゴンメッシュ ③CADモデルデータ
180%ef%bd%98100point 180%ef%bd%98100polygon 180%ef%bd%98100model

 

3D計測・3D測定データは、試作に利用できます。

実物形状の三次元データ作成を3D計測データから作成

製品化への企画検討用・デザイン検討用モデルや市場調査用ダミーモデルのCADデータ化
光造形用の形状データのCADデータ作成
既存の木型・倣い型・クレイモデル・石膏型等のCADデータ化
ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt)
サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他

試作モデル・デザインモデル・ワキングモデル
180x100tdesign 180x100test-production 180x100working-model

 

3D計測・3D測定データは、金型製作に利用できます。

プレス型・鍛造型・鋳造型・樹脂型・ブロー成形型・簡易型

自由曲面と機構部の融合された製品からのモデルデータ作成
修正された金型から計測データを取得
2番型作成のための金型の3D計測・3D測定・リバースエンジニアリングデータ作成
金型の状態が一番良い時の状態を3D計測・3D測定で3Dデータで保存
図面、3Dデータの両方紛失した金型の再製作・更新型製作
ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt)
サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他

2番型・修正型・更新型
180x100kanagata-1 180x100kanagata-2 180x100kanagata-3

 

精度設

設計の新たな動きとして競争力ある商品を開発するために、限界設計と、コストダウンの目的と両立させて開発のスピードアップを可能にする設計が求められています。生産現場では3DCADによる設計が進み、最近では3D公差解析ソフトウェアーも普及しています。製造段階でのばらつきを抑えるために、ばらつきの原因を探る必要があります。人、設備、材料など、ばらつきの要因を探る手段として、完成品・既製品などを、3D計測し、得られた形状データと設計データを重ねて解析ソフトウェアーによる製品解析が必要になります。生産中の製品のトラブルの回避や新製品の開発の用として、製品の実物形状を3D計測により数値化するリバースエンジニアリング技術が必要となります。